#1 Aout Us -Laughteyについて
 
弊社は、「ビジネスアナリティクス」から最適な運用にのせるまでの「システム開発」をコンサルティングします。 分析技術やデータ量は手段であり目的ではありません。お客様のニーズに応えた商品開発、サポート業務の品質向上などあらゆるビジネス活動に役立てることが目的です。
 
【人のために何ができるか!】をテーマに、より最適なシステム提案をコンサルティングします。
システム導入後の運用面を見据えた、より現実的なシステム化を推進し、効率化を広める手助けをいたします。 提案・改善および、要件検討、詳細設計、プログラミング、テスト、導入支援、システム説明、教育と、自身が現在までに培った経験をすべて活かし、システム化の対応をサポートいたします。
お客様要望により、プロジェクトマネージメント代行業務なども実施いたします。
(一つのプロジェクトを一括で請負うプロジェクトコントローラーと言えば、わかりやすいかもです。)

​​新規事業 翻訳代行サービスを始めました!

 "Laugh"
 

Laugh【動詞】 【自動詞】
(声を立てて)笑う

《★【類語】 smile は声を立てないで顔の表情だけで笑う; grin は smile よりは口を大きくあけ,歯を見せて声を立てずに顔だけが笑う; chuckle は口をあけずに低い声で満足げに静かに笑う意で,しばしば独り笑いなどをする時にいう; giggle は子供や若い女などがくすくす笑う》.
 

■経営理念

ラフティ にかかわるすべての人が笑顔になって頂けることを追求し行動すること。

人のために何ができるかを常に考え行動すること。

明日死ぬか如く生き、永遠に生きるか如く学ぶこと。

苦しみをありがとうと思えるような人間になること、また、追求すること。

Ø世の中の変化を吸収し、固定観念に囚われる事無く柔軟な意識を持つこと。 

 "They"
 

they【代名】

彼ら、彼女ら、それらその人は、そいつは

◆三人称単数通性の主格。

 

ラフティは、常に「人のために何ができるか?」を考え、行動します。
ラフティは、人に笑顔になって頂くことを追求すべく、諦めません。 
ラフティは、成功を過信せず、常に初心に戻り、謙虚な気持ちを忘れません。
ラフティは、明日死ぬかごとく生き、永遠に生きるか如く学ぶことを大切にし行動します。
ラフティは、最先端技術においても、攻め気を忘れず、挑戦します。

ラフティは、サービス対象顧客に対して、「顧客従業員より従業員の意識」で行動します。

ラフティは、人やモノのせいにせず、自分事ととしてとらえる事を成長として考え行動する。

"Laugh"
 "They"
"Laughtey"


 

■社名  株式会社ラフティ 
 company name "Laughtey"

■所在地 〒272-0146  千葉県市川市広尾1丁目3番14号 
 Headquarter  1-3-14 Hiroo, Ichikawa City, Chiba

■TEL 080-3785-3773

■設立   2014年5月 
 Founded   May,2014

■代表者 奥村  哲次
 CEO "Tetsuji Okumura"

■事業内容
​ プロジェクトコントローラー
   ITサービス導入コンサルタント
​ RFI/RFP代行作成
 SEおよびPM代行サービス
 Salesforce導入
 Webサイト作成
 Webアプリケーション導入支援
 BPO(業務代行サービス)
​ 中古物販(古物商)
■事業規模
決算情報等につきましては、下記にて公開しております。
事業領域