Home ≫ コラム一覧 ≫ 翻訳代行のサービス内容・おすすめ業者・依頼のポイントとは?

翻訳代行のサービス内容・おすすめ業者・依頼のポイントとは?

翻訳代行サービスの特徴・ポイントをご紹介!

翻訳代行サービスの業者・依頼する際のポイントを解説!

翻訳代行サービスへの依頼をお考えなら、Laughteyの汎用的なAI自動翻訳サービスとは異なる、低コスト・高パフォーマンスを生む「Translation Memory Form」をご活用ください。


グローバル化が進む中、貿易やビジネスシーンにおいて外国語を使う機会は増えています。日本語で書かれた仕様書や契約書などを外国語に直す必要があるときは、翻訳代行サービスが便利です。翻訳代行サービスを利用するメリットはどこにあるのでしょうか。こちらでは、翻訳代行サービスとは何か、翻訳代行会社の選び方、依頼時のポイントなどを解説いたします。


「Translation Memory Form」は、決められたフォーマットごとにデータベース化、機械翻訳することで、スピーディーな納品を可能にしております。文字数無制限で、依頼原稿1件あたりの料金設定となっております。


お問い合わせフォームより、随時受け付けておりますので、翻訳代行サービスの利用をご検討の際は、お気軽にご連絡ください。

翻訳代行サービスの特徴 おすすめ翻訳代行業者もご紹介

翻訳代行は名前の通り、翻訳業務を代行するサービスのことです。依頼者側が作成した原稿を他言語に変換する作業を代行してくれます。インターネットなどを利用すれば、会社内や個人でも翻訳できる環境が整っています。それでは、どのような場合に翻訳代行を依頼すればよいのでしょうか。翻訳代行のサービス内容や特徴についてご紹介いたします。

 

翻訳代行サービスの特徴

翻訳代行業者が提供するサービスの特徴としては以下が挙げられます。

◇翻訳精度の高さ

翻訳代行業者の多くは、プロの翻訳家やネイティブスピーカーが在籍・提携しています。プロが翻訳を手掛けるため、無料翻訳サイトと比べて精度の高い訳文になるのが特徴です。

 

翻訳代行業者は人の手による翻訳が主流のため、機械ではくみ取れない細かいニュアンスなどにも対応できます。ただし、業者によっては機械翻訳技術を導入しているところもあります。

翻訳代行サービスの特徴

◇各種専門分野に対応

精度の高い翻訳を希望するなら、各分野の専門用語や傾向を理解したうえで作業する必要があります。しかし、翻訳サイトでは分野に特化した翻訳が難しいのが現状です。その点、翻訳代行業者によるサービスなら、依頼する原稿のジャンル・分野に特化した翻訳が可能です。一般ビジネス文書、契約書、証明書、マニュアルなど、書式やジャンルは様々。さらに、医療系や金融系、ファッション系など、原稿の分野に合わせて依頼できます。

◇対応できる言語が多い

翻訳代行業者が対応できる言語は、その業者によって異なります。一般的な英語や中国語をはじめ、アジア諸言語やヨーロッパ諸言語など、数十カ国語を翻訳対象としている業者もあります。翻訳においても、日本語から外国語だけでなく、外国語から日本語、また外国語から他の外国語などにも対応してくれるところもあります。依頼する業者がどこまで対応してくれるのか、事前に確認しておくと安心です。

 

おすすめの翻訳代行サービス業者一覧

おすすめの翻訳代行業者をご紹介いたします。翻訳業者選びの参考にしてください。

◇お客様専用の翻訳コンシェルジュを育成「Laughtey」

◇理解し合える世界を作る「WIPジャパン」

◇3WIN(トリプルウィン)実現を目指す「グローヴァ」

◇高クオリティな翻訳でビジネスを支援「株式会社アットグローバル」

 

翻訳代行サービス業者の選び方・依頼時のポイント

翻訳代行業者は数多く、いざ依頼しようと思ってもどこを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。せっかく費用をかけて翻訳を依頼するのですから、満足のいく翻訳を提供する業者を選びたいものです。翻訳自体だけでなく、ビジネスの成功のためにも、翻訳を依頼する業者選びは重要といえます。こちらでは、失敗しない翻訳業者の選び方や、依頼する際のポイントをご紹介いたします。

 

失敗しない翻訳代行サービスの業者選び

翻訳代行業者選びにおいて、価格やスピードはもちろん大切ですが、それだけで業者を選ぶと後悔することになりかねません。業者選びの際は1社だけでなく、複数に見積もりを依頼すると相場などが比較しやすくなるでしょう。

◇依頼原稿の分野に対応しているか

翻訳したい原稿の分野に対応できるか、事前に確認しておくことが必要です。また、取扱い対象になっているかだけでなく、その分野で実績のある翻訳代行業者を選ぶこともポイントといえます。規模の大きい業者は幅広く、小さい業者は特定分野に特化している傾向にあります。

失敗しない翻訳代行サービスの業者選び

◇作業工程を事前に提示しているか

翻訳代行業者やプランによっては、校正作業が抜けていたり、不要な工程が入り料金が高くなったりしている場合もあります。作業工程を事前に提示する業者であれば、事前にチェックが可能です。必要な工程がきちんと入り、不要な工程がないことを確認したうえで依頼しましょう。

安さと速さには注意

料金やスピードが極端に安い・速い場合、注意が必要です。安くするために必要な工程を削ったり、速くするために複数人で作業して翻訳文の表現にばらつきが出たりと、工程や品質に問題が生じる可能性も考えられます。料金やスピードが相場から離れすぎていないかなど、気を付けておきたいポイントです。

◇問い合わせへの対応

問い合わせをした際のレスポンスの速さや質問への回答の的確さは、その業者の対応力を図るうえでも重要なポイントです。翻訳代行業者としっかり打ち合わせすることでイメージの共有ができ、納得できるレベルの納品につながります。大切な原稿を預けるからこそ、きちんと対応してくれる業者を選びたいものです。その第一歩として、問い合わせ時の対応はチェックしておきましょう。

 

翻訳代行サービスを依頼する際のポイント

◇見積もり時の確認事項

金額や納期をきちんと確認します。一般的に文字数で料金が決まりますが、半角や英数字など、細かい点まで確認しておくことが大切です。

納期は日数だけでなく、内訳や工程もチェックしておきたいポイントになります。さらに、校正作業などは別途料金と設定しているケースもあるため、オプションの扱いにも注意が必要です。

◇完成後の内容やイメージを共有する

翻訳後の文体や雰囲気といったイメージを、翻訳代行業者としっかり共有することが大切です。例えば、同じ英語でもアメリカ英語なのか、イギリス英語なのかで訳し方は異なります。

翻訳代行サービスを依頼する際のポイント

依頼する際に、訳文の想定読者の地域や言語、年齢などを伝えておくことで、より相手に伝わりやすい内容に翻訳しやすくなります。希望はできるだけ細かく伝えるようにしましょう。

業者の中には、無料トライアルを実施しているところもありますので、イメージを掴むために利用してみるのもおすすめです。

スケジュールの打ち合わせをする

翻訳希望の原稿は、依頼時点で完成させておくことが望ましいです。期日までに原稿を提出できないと、納品日やスケジュールにずれが生じてしまい、余計な時間やコストがかかることにもなりかねません。しかし、業務の都合上、未完成のまま依頼するケースもあり得ます。そのような場合は、あらかじめその旨を相談しておきましょう。

◇用語やスタイルの管理

繰り返しまたは定期的に依頼する場合、今後も同じ用語やスタイルを使うことがあります。事前に用語集(対訳表)やスタイルシートなどを作成しておけば、次回の依頼時に手間が省けたり、価格交渉ができたりするメリットが得られます。継続的な依頼を検討しているのであれば、用語やスタイルの管理について事前に相談してみることをおすすめします。

 

貿易業務にも使える翻訳代行サービスを依頼!

翻訳代行サービスを行う業者は数多く、業者によって対応している言語や専門・得意分野、翻訳工程、サービス内容に差があります。ビジネスにおいては、希望通りの翻訳をしてもらうためにも信頼できる業者を選ぶことが大切です。​Laughteyは繰り返しご利用いただくことで、さらにコストパフォーマンスの良さを発揮する翻訳代行サービスをご提供しております。翻訳代行業者をお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

貿易業務にも使える翻訳代行サービスを依頼!
 

翻訳代行サービスならLaughteyにお任せ!
学習型 格安翻訳サービス「Translation Memory Form」について

近年の翻訳サービス(翻訳代行サービス、翻訳ソフト)では、訳文をデータベース化してリサイクルするという発想の翻訳メモリ(Translation Memory)の普及が進んでいます。
 

これは、翻訳代行や翻訳ソフトいずれの場合も「長期的に利用するなら、一度翻訳した訳語はAIなどで自動学習し、低価格(低コスト)で自動翻訳して繰り返し使いたい」という発想で、CATツールと呼ばれるものです。

 

翻訳ソフトの中には、この翻訳メモリ(Translation Memory)という機能が標準でついているソフトもあり、自分で辞書値を設定することで、繰り返し訳語の精度を上げながら、長期的なコストパフォーマンスを可能としています。

 

しかし、翻訳サービスに求められるものとして、「翻訳の精度」・「翻訳にかかるコスト」に加えて、「書式(フォーマット)」が重要視されています。決められた書式(フォーマット)に対して、訳語を入力する。実はここが一番時間と労力のかかる作業です。
 

翻訳代行サービスの場合は、複雑なフォーマットの場合はオプション料金になる事も珍しくありませんし、翻訳ソフトでフォーマットを再現するには、相当の習熟が必要になる上に、一度決めたフォーマットは簡単には変えられません。翻訳で最も労力がかかるのが、「訳語の転記」なのです

 

Laughteyの提案するTranslation Memory Form(TMF)では、最初から決められた書式(フォーマット)ごと一気に翻訳メモリ(Translation Memory)を設定し、「書式からデータベース化」することで、低コスト高パフォーマンスを実現しています。

 

  • 訳語辞書の設定はLaughteyにお任せ!ソフトの操作は不要です。

  • 文字数制限無しで、決められたフォームでご納品1点単価を算出します。

  • 繰り返し利用頂く事で、圧倒的なコストパフォーマンスを実現!

 

何度も使用する業界用語は覚えさせ、一般的な用語は機械翻訳する。繰り返しお使い頂く(育てる)ことで、お客さまにとっての専用コンシェルジュのような精度の翻訳を、驚くほどの低価で永続的にご利用頂けます。また、最も労力のかかる「フォームへの転記」という煩雑な作業から、お客さまを解放します。

翻訳代行業者をお探しならLaughteyへ

会社名
株式会社ラフティ

代表取締役
奥村 哲次

設立
2014年5月

住所
〒272-0146 千葉県市川市広尾1丁目3番14号

TEL
080-3785-3773

事業内容
プロジェクトコントローラー
ITサービス導入コンサルタント
​RFI/RFP代行作成
SEおよびPM代行サービス
Salesforce導入
Webサイト作成
Webアプリケーション導入支援
BPO(業務代行サービス)
​​中古物販(古物商)

 

URL

https://www.laughtey.com/